引越しに関する質問についてお答えします!

 

引越しは、多くの人は、そうそう何度もするものではないですね。
だからいざ引越しをするとなると、わからないことや様々な疑問がたくさん出てくると思います。

 

でも引越しは、多大な時間とお金をかけ、大変な労力を費やして行うものです。
わからないままにしておいて、引越しが失敗してしまってはいけません。

 

そこで、このサイトでは、引越しに関する素朴な疑問を取り上げて、その答えを紹介します。
これから引越しをする人の参考になればと思います。

 

引越し料金はどのように決まってくるの?

 

引越に慣れない人にとって、「引越し料金」どのように決まってくるかは、疑問なのではないでしょうか。
引越し料金には「定価表」などはありません。
業者が見積もりをすることにより、引越し料金が決まります。

 

引越し料金が決まる要因は、主に次の4つです。

 

  • 荷物の量
  • 運ぶ距離
  • オプションサービスの有無
  • 季節などによる値引き

 

これをそれぞれ説明したいと思います。

 

荷物の量

引越し料金は、荷物の量によって大きく変わってくることになります。
荷物の量が多ければ、引越し料金は高くなります。

 

これは荷物の量が多くなると、それだけ大型のトラックを使ったり、
多くの作業員を配置したりしなければならないからです。
そのためその分、経費がかかってくるわけですね。

 

ものすごく大雑把に言ってしまえば、荷物の量が倍になれば、引越し料金も倍になります。
引越し料金を節約するには、荷物の量をできるだけ減らすようにするのがおすすめです。

 

運ぶ距離

荷物を運ぶ距離も、引越し料金を大きく左右する要因です。
長距離を運べば、その分時間やガソリン代がかかることになるからですね。

 

時間がかかると、作業員の拘束時間も増えるため、その分経費がかかります。
運ぶ距離も、大雑把に言ってしまえば、倍になれば、引越し料金も倍になります。

 

オプションサービスの有無

引越し業者は通常の引越し作業の他に、オプションサービスを設定しています。
これにはエアコンの脱着やピアノの運搬、AV機器の配線サービスなどが含まれます。

 

オプションサービスは、業者によって、それぞれ料金が決まっています。
オプションサービスを頼めば、そのサービスの料金が、上乗せされてくることになります。

 

季節などによる値引き

引越しは、季節や曜日、引越しの時間帯などにより、需要に大きな差があります。
引越し需要の多い時期は、業者もわざわざ値引きはしません。

 

でも引越し需要が少ないときには、業者は値引きをしてくることがあります。
2〜4月の繁忙期とその他の閑散期では、引越し料金は3割程度ちがってくるといわれています。